top of page


 ド・モンティーユ&北海道

サービス
Image by jose alfonso sierra

​ド・モンティーユ&北海道プロジェクト

 ドメーヌ・ド・モンティーユ ( Domaine de Montille)は、フランスのブルゴーニュにある300年の歴史を持つ家族経営のワイナリーで、最も有名かつ最も古いワイン生産者のひとりです。現当主であるエティエンヌ・ド・モンティーユ (Etienne de Montille)は、日本産ワインの質の高さと多様性、日本に於けるブドウ栽培の可能性、また北海道の気候がピノ・ノワールとシャルドネに合うことを確信し、2016年、外国のワイン生産者として日本で最初のブドウ園として「ド・モンティーユ&北海道」プロジェクトを立ち上げることを決定しました。
 

 日本に於けるブドウ栽培生産地としては、北海道、長野、山形、山梨と主に4つがあり、約2,000ヘクタールのワイン用ブドウが植えられ、約200のワイナリーがあるのですが、国際基準から言えばかなり控えめです。この意味において、 私たちのプロジェクトはかなり先駆的であり、日本にとっての力になると考えております。 ド・モンティーユ&北海道プロジェクトは、ブルゴーニュ千年の古いノウハウと経験を、日本のワインメーカーの方々と完全に協力共有し、新世代の日本の生産者が北海道のテロワールと気候に関する技術と知識を私たちのチームと共有して行くことを目的としています。
 

 北海道でのテロワール、個性的、高品質なワインの作り方を一丸となって学び、模索していきたいと思います。 日仏チームは、函館のブドウ園にこれまでに約7ヘクタールのブドウを植え、徐々に25ヘクタールまで増やすことを目指します。
 

 自社のブドウ園での最初のワインは2023年に生産されるように、函館市のご協力のもとワイナリーの建設に取り組んでいます。
 

 その間、2018年から2022年までは、北海道余市地域の友好的なブドウ栽培者からのブドウを使った少量のワインを生産していきます。これにより、日本の環境で北海道のブドウを醸造する方法を学び、理解することができるからです。 この5年間の学びの中で、このワインを日本のワイン愛好家の皆さまにご案内し、この魅力的な冒険で経験した強い気持ちを皆さまと共有したいと思います。5つのヴィンテージ(2018年から2022年)のそれぞれでラベルが異なるのは、その為です。
 

 将来的には、函館産のド・モンティーユ&北海道ワインを日本国内だけでなく海外でも販売し、この新世代の才能ある生産者の力で、世界における日本ワインの名声の高まりに貢献できることを光栄に思います。

エティエンヌ・ド・モンティーユ

2016

プロジェクト始動

2019

ブドウ初植樹

2020

豪2018初リリース

2023

函館にワイナリー完成

ETQ HOKKAIDO KERNER 2020.jpg

KERNER
2020

品種: ケルナー

内容量: 750ml

アルコール度: 12%

 輝きがありわずかにレモンイエローを含んだ緑色。 アロマは、フレッシュで、白い花、菩提樹の風味。ノワゼットを含むほんのりしたスモーキーさ。 味わいは、柔らかな酸味を持ち、まろやかで角のない口当たり。 果実、酸、フローラルな風味のバランスがある。
ETQ HOKKAIDO PINOT NOIR 2020.jpg

PINOT  NOIR
2020

品種: ピノ・ノワール

内容量: 750ml

アルコール度: 12.5%

 淡い輝きのあるガーネット色。ラズベリーを噛み砕いた新鮮な赤い果実。牡丹のような赤い花を思わせるフローラルさ。果実味とのバランスをとる酸。柔らかながら白胡椒様のスパイスの風味。味わいには、フィネスのある果実にアーシーな深みを持ち、熟成味を感じるタンニンが溶け込む。フィニッシュにミネラルのニュアンスをタンニン由来のうまみを感じる。全体にエレガントなピノットタッチ。

 
ETQ HOKKAIDO ZWEIGELT 2020.jpg

ZWEIGELT
2020

品種: ツバイゲルト

内容量: 750ml

アルコール度: 12%

 深い鮮やかな紫を含むルビー色。 スミレとよく熟した赤果実。ブラックチェリーとピンクパッパーを砕いた風味にナツメグのニュアンスが加わアる。 軽やかながら飲みごたえも感じるボディは果実の濃縮味を保つ。甘いニュアンスのある果実、スパイス、酸のバランスを楽しめる。

理 
Comprendre
2021

 2018年から2022年にかけて、北海道余市地域のブドウ栽培者さんからブドウを分けて頂き、ココファームとブルースガットラブ氏(10Rワイナリー)とのパートナーシップにより、少量のワインを醸造していきます。 この5年間の学びの期間中、そのワインは日本のワイン愛好家のみに限定販売されることになっています。この魅力的な冒険で私たちが経験する強い共感のいくつかを皆様と分かち合いたいと思っております。

 異なるラベルは、これらの5つのヴィンテージ(2018年から2022年)毎に感じた事を表現しています。 私たちの最初のヴィンテージである2018年は、函館でブドウ園を立ち上げ、北海道でワインを作るという、ブルゴーニュの生産者の前例のない困難に挑戦する大胆さと意欲を表して、 「豪Oser」を選びました。

  2019年、私たちの2番目のヴィンテージは、この間に遭遇した多くの驚きと不思議を表現しています。この2019年は、通常のブドウに比して暖かい季節と熟したもので、まずはそれ自体が驚きでした。 そのとこから、「驚Surprise」と名付けました。

  そして学びのあった2020年。コロナ禍での収穫、醸造で多くの事を学びました事を「學Etude」としました。2024年4月2021年産をリリースしました。ここまで多くの気づきを得た事から「理Comprendre」としました。

Pinot_Noir_2021.jpg
Zweigelt_2021.jpg
Kerner_2021.jpg
会社情報
ワイナリー遠景.jpg
実績紹介

2024年は例年より幾分早く6月末から開花が始まり、数日の雨や低温は合ったものの受粉も順調に進みました。昨年は少ない果実に加え、収穫直前の鳥による食害に襲われ、収量の減産を余儀なくされましたが、今年は収穫面積も広がり、木についた房も昨年を上回るように見えます。

収穫まではまだ、幾多の困難と挑戦が待ち受けているものと考えていますが、それにもまして期待が膨らみます。

ワイナリー棟は昨年末に建物工事が竣工し、この8月には内装工事も終了を予定しています。

9月上旬からお客様のご見学開始を目指して準備中です。

当面は平日(月~金)9時~16時でお電話、またはメールでのご見学のご予約を受け賜るべく準備中です。

ワイナリーでのワイん販売は当面できませんが、新設のスペースにて一部ワインですがご試飲(有料)いただく準備も進めています。(但し、10月は収穫、醸造期となりますのでご見学を受け付けられない場合もございます。ご了承下さい。)

レストラン設備も準備中ですが、現在、ワイナリーで料理していただける料理人の方を募集しておりますので、シェフが見つかり次第こちらの営業も開始いたします。皆様とお目にかかる日を楽しみにしております。

​ド・モンティーユ&北海道スタッフ一同

L-IMG_2024-06-29-17-21-09-808
L-IMG_2024-05-16-17-15-19-923
20231227-2R2A6974-Edit
20231228-2R2A7326-Edit
IMG_2023-10-18-10-58-36-837
DSC_0020
20231228-DJI_0699-Edit
DSC_0024
ワイナリー遠景
Pinot_Noir_2021
20231228-2R2A7453-Edit
20231228-2R2A7645-Edit
ETQ HOKKAIDO PINOT NOIR 2020
Vue-Hakodateyama
Vendanges2022-Sourir
Vendanges2022-Hakodate
vendanges2022^Hakodate-PN
Etienne_de_Montille
DSC_0145_edited
DSC_0076_edited
DSC_0115_edited
KyoPN4_edited
DSC_0060_edited
Bqptiste16_edited
BruceEtienne03_edited_edited
Bqptiste4_edited

de Montille & Hokkaido

お問い合わせ

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください:

送信ありがとうございました

ド・モンティーユ&北海道

採用情報

現在、スタッフ募集中です。

​ぶどう栽培経験のある方、和洋食調理経験のある方、いずれも若干名を募集中です。メールでお問合せ下さい。

お問い合わせ
bottom of page